副業

サラリーマンで副業をして確定申告をする時の注意点

投稿日:




ベス子
私、副業をやってるんですけど、カクテイシンコクが必要なんでしょうか?
難しい言葉を無理して使ってるね。副業の所得によって確定申告が必要かもしれないね
ゆーすけ
ベス子
実はそこんところ、あんまりよく理解してないんです・・・
じゃあ今回はサラリーマンの副業に対する確定申告について勉強してみようか!
ゆーすけ
ベス子
はい!お願いします!

サラリーマンが副業をして会社以外からの収入が定期的に入ってくるようになると確定申告を考えておく必要があります。

確定申告はもともと自営業や独立している人などが前年の所得税を納めるための申請のことを指し、サラリーマンは会社が毎月の給料から天引きで所得税を国に納めてくれているので関心がないことでしょう(これを源泉徴収といいます)。

しかし日本で生活する限り、所得に応じた税金から逃れることはできません。

副業が軌道に乗り始めて発生した所得については、条件次第では確定申告が必須になります。

今回はサラリーマンが副業をする時の確定申告について考えてみましょう。




サラリーマンの副業と確定申告

サラリーマンが会社の給料以外から収入を得ているのであれば、税金を正しく納めるためにしっかり理解しておかなければいけないことがあります。

サラリーマンの副業で確定申告が必要になる時

あなたの副業からの所得が雑所得であろうと事業所得であろうと、年間20万円以上の所得がある場合に確定申告が必要になります。

これを怠っていた場合、何らかのきっかけで税務署から過去の所得に対して指摘されてしまうと、本来の所得税に加えて追徴が課され、税金を多めに支払わなければならなくなります。

そのため、副業所得20万円のラインはしっかり意識しておくようにしましょう。

ちなみにサラリーマンにおすすめの副業はこちらの「サラリーマンの副業でおすすめをピックアップ!」で紹介しているので、あわせて御覧ください。

あわせて読みたい

サラリーマンの副業でおすすめをピックアップ! | | ベストなライフ

所得の考え方

注意しておかないといけないのは、収入と所得は違うということです。

収入というのは純粋にあなたが得たお金すべてのことをいいます。

所得というのは収入から経費を差し引いた額のことをいいます。

確定申告が必要になるのは、給料以外の副業で年間の所得が20万円を越えた時です。

例題:

本の転売により、あなたの副業の年間売上は30万円(=収入)になりました。

しかし本の購入代金で15万円(=経費)かかったので、差し引き15万円(=所得)が手元に残りました。

この場合、所得は20万円を下回っているため、確定申告の必要はありません。

収入が20万円を越えた時ではないので、ここは間違えないように気をつけておく必要があります。

サラリーマン副業の雑所得と事業所得

サラリーマンとして会社から給料をもらっている身分であれば、給料以外の収入は基本的に雑所得という扱いになります。

ブログの広告収入、アフィリエイト収入、転売など、すべて雑所得扱いになります。

これと対を成すのが事業所得と呼ばれる所得です。

継続した収入が見込まれていたり、会社の本業と同程度に時間と労力をかけて取り組んでいたり、ある程度の安定性と規模があれば事業所得として認められますが、この2つの所得には明確な判断基準がないのが実情です。

副業による年間の所得が雑所得と事業所得のどちらに該当するのかを考えておきましょう。

雑所得と事業所得の違い

どうせ確定申告するのであればどうして雑所得と事業所得を区別しておく必要があるのでしょうか?

実はこの2つの大きな違いは他の所得と損益通算できるか損益通算できないかという点です。

損益通算というのは、副業以外の所得と副業の所得を合計して年間の所得とみなすことができるかどうか、という意味です。

例をあげて解説しましょう。

雑所得(損益通算できない)の場合

①:会社給料の所得=300万円

②:副業の所得=収入30万円ー経費40万円=10万円の赤字

雑所得は損益通算できないため、①の300万円のみが所得税の課税対象になります。

そもそも副業で赤字になっていて20万円以上の所得に達していないため、確定申告をする必要がありません。

事業所得(損益通算できる)の場合

①:会社給料の所得=300万円

②:副業の所得=収入30万円ー経費40万円=10万円の赤字

事業所得は損益通算できるため、①300万円ー②10万円=290万円が所得税の課税対象になります。

副業の所得が赤字で20万円の基準を下回るため、本来であれば確定申告の必要はありません。

しかし会社の給料と損益通算すると課税対象額が10万円少なくて済む計算になるため、10万円に対する所得税が還付されます。

どうですか、損益通算の違いがわかったでしょうか。

副業の所得がマイナスの場合、確定申告をすると還付金として所得税が戻ってきます。

しかしこれはあくまでも『正しく税金を納めている』ということを理解しておきましょう。払いすぎている税金は正しく戻してもらう必要があるのです。

ただしここでの問題は、赤字になっている副業にも関わらず、それが事業所得として認められるかどうかということ。

損益通算するためには事業所得である必要があるのは説明した通りですが、これを判断するのは税務署です。

いくら自分が本気で取り組んでいるからと説明したところで、税務署が雑所得と判断したらそれでお終いです。

雑所得か事業所得かの判断には明確なガイドラインがないため、事業所得であることを立証するためには、作業時間の記録や周りから客観的に事業規模で取り組んでいることがわかる証拠を用意しておくべきです。

そういえば2013年、なんでもかんでも経費として申告して所得税を意図的に還付するようセミナーで指導していた悪質な会社社長が逮捕された報道がありました。

所得税の不正還付を指南、コンサル社長を逮捕(日経新聞)

これらは脱税にあたります。絶対にやらないよう注意しましょう。

CHECK!

ポイント①:全ての副業を確定申告する必要はない

副業の確定申告

確定申告をする場合、白色申告青色申告の2種類があります。

サラリーマンが副業として確定申告するのであれば白色申告をするのが無難です。

白色申告も青色申告もどちらも同じ確定申告を指します。

これらの違いは、申告までに必要な手間と、申告することによるメリットの違いにあります。

白色申告の場合、申請までの手間は最小限で済む代わり、得られるメリットはせいぜい損益通算くらいです(事業所得として申請した場合のみ)。

青色申告の場合、申請までの手間が膨大になる代わり、最大65万円の所得控除や、赤字を3年もの間持ち越せるメリットがあります。

ネットを検索すると『青色申告はめちゃくちゃお得!』なんて記事が目につきますが、あれはあくまでもそれなりの規模で副業から稼いでいるサラリーマンやフリーランスを対象にしたものがほとんどです。

青色申告としてきっちり受理されるためには事前の開業届け申請が必要なことに加え、複式簿記で1円単位で年末の銀行残高とピッタリ合わせる必要があったり、副業として取り組んでいるサラリーマンにしてみると労力の割に得られる恩恵が少ないといえます。

また、開業届けを提出すると、サラリーマンは失業保険を受け取ることができなくなります。

失業保険は会社を辞めて次の会社が見つかるまでの生活を保証してくれるための制度ですが、あくまでも収入源がゼロであることが条件です。

開業届を出すということは給料以外に収入を得る手段が存在していることを証明してしまうものであり、例えその事業からの収益がゼロやマイナスだとしても失業保険は受けられないのです。

よほど副業に安定性と規模があり、いつ脱サラしても大丈夫という絶対の自信がある人以外は無理に青色申告をする必要はないでしょう。

CHECK!

ポイント②:サラリーマンは白色申告が無難

サラリーマンの副業を確定申告すると会社にばれる?

会社でおおっぴらに副業OKを打ち出しているところはまだまだ少ないのが実情ですが、大半の人は会社に黙って副業しているのではないでしょうか。

そんな状況の中、確定申告をすることで会社に副業がばれてしまうのでは?と心配する人もいることでしょう。

そんな人も大丈夫、確定申告の手続きの一番最後にある『住民税を自分で納付する』にチェックを入れておくと、会社に副業がばれる可能性を限りなくゼロにすることができます。

実は会社があなたの副業を疑うのは、住民税が他の社員と比べて大きく差がある時なんです。

通常であれば住民税は毎月の給料から天引きされています。

住民票を置いている自治体から会社に対し、あなたの住民税通知が送られ、会社が毎月の天引き額に住民税を合算しています。

ところがあなたが副業していると、他の社員と比較して前年の所得が多かったり少なかったりします。

住民税は前年の所得額に応じて計算されるため、会社としては本来把握しているはずのあなたの住民税額と通知額が大きく異なる場合、「あれ、こいつ副業をやってるんじゃないか?」と疑うことになるのです。

これを防止するため『住民税を自分で納付する』ようにしておくと、会社に住民税額が通知されず、副業がばれにくくなるという理屈です。

しかしこれは必ずしも100%安全な方法とはいえません。

なぜなら、例えば自治体の確認ミスで間違って住民税の通知書が会社に送られることが考えられたり、あなたの副業の存在を同僚が知って会社に知らせる可能性などがあるためです。

CHECK!

ポイント③:副業をやるには覚悟も必要

まとめ

まとめ

  • ポイント①:全ての副業を確定申告する必要はない
  • ポイント②:サラリーマンは白色申告が無難
  • ポイント③:副業をやるには覚悟も必要

会社員が副業の確定申告をするのであれば、ある程度の知識と覚悟が必要です。

しかし内容を正しく理解し、正しく税金を納めることは決していけないことではありません。

副業の規模が大きくなってくれば個人事業としての開業や独立も視野に入るかもしれませんが、あせらず確実に足元をかためていくようにしましょう。

そういえばベス子ちゃんはどんな副業をやってるのかな?
ゆーすけ
ベス子
・・・・・・です。
え、なに?聞こえなかった、もうちょっと大きな声で。
ゆーすけ
ベス子
・・・道端で「恵んで」って言ってます・・・
そ、それは大変そうだね・・・で、儲かってるの?
ゆーすけ
ベス子
月100円くらいは・・・
そ、それは自販機の下を漁ってるほうが効率いいんじゃ?
ゆーすけ
ベス子
さすがゆーすけさん!その手があったか!いただき!
・・・・・・
ゆーすけ










-副業
-,

Copyright© ベストなライフ , 2018 All Rights Reserved.