副業

副業ブログの始め方!サラリーマンにおすすめの4つのポイントを徹底伝授

投稿日:2017年11月27日 更新日:




ベス子
副業でブログをやってみようかなぁ
個人的にブログはおすすめするよ
ゆーすけ
ベス子
ほんとですか!じゃあさっそくアメーバブログに登録して・・・
だめっ!ブログをやるならまず知っておかないといけないことがあるんだよ
ゆーすけ
ベス子
え?そうなんですか?
それじゃあ今回はサラリーマンの副業でブログを使って稼ぐ方法について勉強しよう
ゆーすけ
ベス子
楽しみだなぁ!

サラリーマンの副業解禁が話題を集める中、具体的にどういう副業に取り組むべきなのか気になる所。

仕事でヘロヘロになっているのにこれ以上働けるかよ!と愚痴を言い出しそうな気持ちもわかりますが、副業は会社の給料と違い、頑張ったら頑張った分だけ収入を稼げる可能性を大いに秘めています。

数ある副業のうち、今回はブログに焦点を当て、サラリーマンが副業のブログで稼ぐための方法についてご紹介します。




サラリーマンが副業のブログで稼ぐ仕組み

ブログを書いて稼ぐためにはいくつか仕組みが存在します。

広告を掲載してクリック収入を狙う

ブログ内に広告を掲載し、読者がクリックすると収益が発生します。

クリック型収入と呼ばれる方法で、一番有名なところではGoogleアドセンスがあります。

クリックされるだけで収益が発生するため、ブログ初心者でも稼ぎやすい方法といえますね。

ブログ記事がたくさん読まれれば読まれるほどクリックされる確立が高まるため、PV(ページビュー:閲覧数)が高いブログであるほど稼ぎやすくなります。

広告はGoogle独自のアルゴリズムによって自動表示されますが、広告の種類によってクリック単価が異なります。

一般的には1クリック0.1円〜0.5円くらいが目安で、月間3万PV〜4万PVのブログで月1万円ほどのアドセンス収入になります。

アフィリエイト

記事の中で紹介したURLから商品が購入されると、購入代金の数%が収益として稼ぎになる方法です。

アフィリエイトのみで生計を立てるアフィリエイターと呼ばれる人もいるほどで、トップクラスになると月1,000万円以上を稼ぐ強者もいます。

商品紹介から購入してもらえるわけがないと思っているかもしれませんが、最近のアフィリエイトはURLから訪問した人のアクセスログをCookieで記録しています。

そのため、URLからアクセスして数日〜30日以内にサイトを再訪して商品が購入されてもアフィリエイト報酬が発生する仕組みになっているため、稼げる可能性が比較的高くなっています。

レビュー記事の執筆料

ある程度PVが集まって記事が読まれるようになると、あなたのブログを見た企業や団体から自分のところのサービスや商品をブログで紹介して欲しいと依頼がくる可能性があります。

レビュー記事の原稿料として収益が発生する可能性があります。

オリジナルサービスに誘導する

すでにオリジナルサービスを持っている人であれば、ブログを入り口としてサービスに誘導することができます。

絵が得意なサラリーマンであればイラスト作成の請け負い、英語が堪能なサラリーマンであれば英語学習、音楽ができるサラリーマンは音楽教室、プログラムが作れるサラリーマンであればプログラミング教室など、スキルと経験を活かした稼ぎ方です。

ブログコンサルを実施する

PVが高くなったり安定した稼ぎが出来るようになると、ブログの運営方法をあなたに添削して欲しいという人が現れるかもしれません。

そこでコンサル料をもらい、他人のブログの改善点を指摘してあげることができます。

オンラインサロン(コミュニティ)を作成する

サロンと呼ばれるオンライン上のコミュニティを作り、毎月の会員費を徴収して収益化します。

人を集めるためには運営者であるあなた自身に人を惹きつける魅力がある必要があります。

ネット界での知名度、圧倒的なPV数、経歴、影響力など、あなたが運営するサロンで学びたいと思わせる必要があります。

サロンでは会員限定の情報を発信したり、会員同士で交流できる場所を用意し、安定した収益につなげることができます。

CHECK!

ポイント①:ブログで稼ぐ方法はたくさんある

サラリーマン副業でブログをやる上の注意点

サラリーマンが副業でブログをやっていく上で、しっかり頭に入れておくべき注意点があります。

かならずレンタルサーバーで自分で運営する

アメーバブログやはてなブログ、LINEブログなど誰でも気軽に無料で始められるブログが有名ですが、副業で稼ごうと思うのであれば無料ブログは使わず、レンタルサーバーを借り、ドメインを取得してブログを運営してください。

ブログを設置するための有料レンタルサーバーと、インターネット上の住所となるドメインを取得し、年間利用料を支払いながらブログを運営する方法を意味します。

無料ブログは面倒な手間をかけることなくすぐに始められるメリットがある一方、画像要領が少なかったり、意図しない広告が表示されたり、書いた記事の所有権がずっと運営会社に残ったままになることもあります。

最も怖いのは、もし運営会社がブログサービスを停止した場合、せっかくコツコツ積み上げてきた記事が一瞬で全て無くなってしまうことです。

一方でレンタルサーバー+ドメインで運営する場合、年間1万円前後の出費になったり、ブログを設置して維持管理する手間と知識が必要になりますが、広告掲載は自由、ブログのジャンルも自由、そして記事はすべて自分の財産になるメリットがあります。

無料ブログ サーバー+ドメイン
費用 かからない 年間約1万円
ブログ開設 手間いらず 手間がかかる
維持管理 運営会社任せ 自分でやる
自由度 自由が少ない 自由にできる
記事の所有権 自分or運営会社 自分
消失リスク あり なし
収益性 なし あり
副業に 向いてない 向いている

レンタルサーバーであれば比較的低料金で手厚いサポートを受け、安定した運営で知られるエックスサーバーがおすすめで、ドメインを取得するのであれば大手のお名前.comがおすすめです。

ブログで日記を書いてはいけない

一昔前、ブログはインターネット上の個人の日記という認識がありましたが、ブログで稼ごうと思っているあなたはブログで日記を書いてはいけません

なぜなら見ず知らずの他人の日記に誰も興味を示すことはないからです。

「◯◯が楽しかった!」「◯◯がおもしろかった!」「◯◯に行ってきたよ」などの日記記事でPVを集められるのは芸能人だけです。

彼らはテレビで自分の顔と名前を世間に知られていて、一般人からすると芸能人の普段の生活に興味があります。

そんな彼らが書く日記だから価値がありアクセスが集まるのであり、一般人が書く日記は誰も読もうとしません。

ジャンルは何でもいいので、読者のタメになる記事を書くよう意識しましょう。

ノウハウやテクニックなど、読んでよかったと思われる内容をブログにするのです。

書くクセをつける

ブログを運営する上で一番の障壁は『継続すること』です。

最初は誰でもやる気に満ち、ずっとブログを続けるぞ!と決意します。

ところが実際に2週間ブログを書き続ける人は6割、1ヶ月継続する人は4割、半年継続する人は2割、そして1年後も継続している人はわずか1割にも満たないと言われています。

初めのうちは記事を書いても誰にも読まれず、やる気が上がらないことがありますが、コツコツ続けていると次第に読まれるようになります。

それよりもまず、文章を書くこと自体に慣れてないケースも考えられます。

そういう人は短文でもいいので、とにかく毎日文章を作成するクセをつけましょう。

文章が難しいのであれば単語を書くだけでも構いません。

とにかくパソコンに向かって書く姿勢を習慣づけることにより、ブログを書くことを体に覚え込ませるのです。

顔と名前を出すのは自由

ブログの運営者として本名や顔写真を出す人がいますが、身バレが困る人は無理に出す必要はありません。

しかし、オリジナルサービスの展開を考える場合は考え方を少し変える必要があるかもしれません。

なぜなら、人は素性のわからない人に対して金銭を支払うことに抵抗を感じるからです。

せめて顔写真だけでも載せていれば成約率が高まるかもしれません。

会社のことは書かない

会社の仕事上で知った情報をブログに書いてはいけません。

自身の身バレにつながるだけでなく、業務上のコンプライアンスに抵触する恐れがあります。

例えば会社で経理業務を担当しているのであれば『簿記の勉強方法』や『経理おすすめ参考書』など、経理業務の経験を活かした記事を書くのであれば大丈夫でしょう。

CHECK!

ポイント②:ブログの注意点をしっかり理解しておく

サラリーマン副業のブログは稼げない

いきなり矛盾したことをいいますが、サラリーマンの副業でブログは稼げないジャンルだと認識しておきましょう。

正確にいうと、ブログで収益が発生するまでには忍耐が必要で、最初の収益が発生したとしてもわずか数円のみで、継続して安定した収益に成長するまでには想像以上の時間が必要だということです。

1つの記事が検索して読まれるようになるまで、一般的に2ヶ月〜3ヶ月かかるといわれています。

記事を公開してもアクセスが集まるまでにタイムラグが大きいのがブログの特徴です。

そのため最初の頃は記事を書いても書いても収益は発生しません。

運良くだれかに広告がクリックされても収益は数円程度。

そんな日々が当分続きます。

ちなみにGoogleアドセンスの場合、合計8,000円貯まるまでクリック収入は換金できないので覚えておきましょう。

将来の可能性を信じ、自分を信じ、この辛い時期を乗り越えて記事を書き続けた人だけがブログで稼げる権利を得ることができるのです。

CHECK!

ポイント③:ブログで稼ぐには時間がかかる

サラリーマン副業のブログは資産になる

初期の苦しみを耐え抜き、公開した記事の数が100記事あたりを越える頃にはだんだん安定した収益を得られるようになります。

記事はどんどんストックされ、記事数が増えれば増えるほど読まれる可能性が高くなります。

一度軌道に乗ったブログは新しい記事を公開しなくても放っておくだけで自動的に稼いでくれる資産です。

ここまでくれば安心でしょう。

あとは記事を増やしてアクセス数の増加を狙ってもいいし、新しく別のブログを立ち上げて収入の多角化を狙うのもありです。

一度ブログを立ち上げて軌道に乗せた経験があるので、2つ目以降のブログは比較的ラクに進めることができるはずです。

サラリーマンが副業のブログで目指すべき道はここですね。

CHECK!

ポイント④:ブログの資産化を目指そう

ブログで稼ぐ例

例えば管理人の場合、このブログとは別のブログを運営しています。

そのブログはいわゆる雑記ブログと呼ばれる、ジャンルを特定しない何でもありのブログのこと。

ブログの運営方法だったり趣味のことだったりお金のことだったり、本当に色々な記事を書いています。

もともとは収益を稼ぐつもりで立ち上げたわけではなかったのですが、掲載していたアドセンスの広告から1円でも収益が発生すると「ブログで稼ぐ」ということが現実味を帯びて感じられるようになりました。

出来るだけ読者の方のためになることを届けようと思い、1つ1つの記事をかなり時間をかけて丁寧に書いています。

まだまだ発展中ですが、もう少ししたら10万PV(1ヶ月に10万回ブログが見られたということ)に届きそうな勢いです。

とある記事がアクセスを集めてくれているおかげで、その記事の内容をアイディアにしてブログから派生サービスを展開することができ、ブログ関連の収益は毎月10万円を越えるようになりました。

サラリーマンとして給料をもらう傍ら、10万円の副業収入があるととても心強いです。

色々と試行錯誤を繰り返しながら勉強中なので、今後はもっと稼いでいくつもりです。

それもこれもブログ記事を書くところから!

限りなくリスクが低いブログを副業にするのはおすすめの方法といえます。

まとめ

まとめ

  • ポイント①:ブログで稼ぐ方法はたくさんある
  • ポイント②:ブログの注意点をしっかり理解しておく
  • ポイント③:ブログで稼ぐには時間がかかる
  • ポイント④:ブログの資産化を目指そう

サラリーマンがブログを副業にしようとすると想像以上に時間と労力が必要です。

昼休みや電車の移動中を利用すればブログネタを考えることができます。

少し早く起きれば朝活の時間を使ってブログを書くこともできます。

副業としてのブログは、どれだけブログと自分の将来を信じて書き続けることができるかがポイントです。

1人でコツコツ書き続ける自信がない人は、著名なブロガーが運営しているブログサロンに入会して仲間と一緒に頑張ったり、ブロガーが集まるブロガーズフェスティバルなどに顔を出して知り合いを作るのも1つの手です。

やる気さえあれば限りなくローリスクで続けられるブログ副業に、ぜひチャレンジしてみませんか?

ベス子
ブログはかなり時間をかけて育てる必要がありそうですね
そうだね、でも労力をかければかけるほど、将来性のあるブログに成長する可能性もあるんだよ
ゆーすけ
ベス子
一からブログを開設するならPCのことも勉強しないとだめだなぁ
うん、そうだね
ゆーすけ
ベス子
タイピングの仕方も勉強しないとだめだなぁ
うん、そうだね・・・って、タイピングやったことないの?
ゆーすけ
ベス子
はい!全然っ!
・・・・・・
ゆーすけ










-副業

Copyright© ベストなライフ , 2018 All Rights Reserved.