あなたが複業をやる目的は何ですか?

収入?人脈作り?スキルアップ?

どれが合っている・間違っているではありませんが、私が複業をする目的は自分の価値観を満たすためです。

自分で自由に選択できる複業だからこそ、価値観にこだわってみてはどうでしょうか?

価値観とは

価値観はあなたの考え方や行動のベースになるもので、大切にしたい行動指針であり、信条であり、理想像のことです。

具体例を挙げると、

  • 仕事より家族を優先する
  • やるからにはトップを目指す
  • 何よりもお金を大切にする
  • 無理せずできる範囲でやる
  • 上手にサボって適当にやる

というのが価値観です。

価値観ときくとどうしても公明正大で聖人君子がいいそうな耳触りの良いことを想像しがちです。

でも実際にはそうである必要は全くなく、上で挙げたように『適当にやりたい』とか『サボりたい』も立派な価値観なんですね。

自分の価値観って何だろう?と考えてもなかなか出ないことがほとんどです。

そういう時は『フランクリン・プランナー』で自分の価値観を知るステップをやってみるのがおすすめです。

フランクリンプランナーの使い方。初心者が感じる効果』の記事では、私が実際にフランクリン・プランナーを使った感想を紹介しているので参考にしてください。

CHECK!

自分の価値観を知ろう

仕事のやりがいや価値観とは別

自分の価値観と仕事のやりがい・価値観を混同してはいけません。

例えば、『仕事で社会に貢献する』というやりがい・価値観があるとします。

仕事で見ればそれでもいいのですが、それがあなた個人の価値観と必ずしも一致するわけではありません。

『お礼や感謝の言葉をもらうこと』も同じで、もちろん人は周りから感謝されると嬉しいものですが、あなた自身の価値観にそれは入っているでしょうか?

『尊敬する人と一緒に仕事をすること』なども明らかに仕事を意識しているもので、それは人生における価値観といえるものでしょうか?

複業を長く続けて成果を出すためには、あなた個人の価値観と強く結びついている必要があります。

これがやりがいにつながり、目的につながり、複業で充実した毎日を送るキーポイントになるのです。

CHECK!

個人と会社の価値観は別物

価値観に沿った複業で、日々の活力を生む

価値観からくる行動をとっている時、私たちはやりがいを感じます。

それが今すぐに目に見える結果につながっていなくても、続けた延長線上に理想とする未来が待っていることがわかれば、それだけでも日々の活力を生む存在になります。

生き生きと仕事をする人は、取り組む仕事のどこかに必ずやりがいを見つけている可能性が高いです。

会社の仕事に人生のやりがいを持って取り組める人はそれでもいいかもしれませんが、私はそれを外部で、つまり複業で満たそうと日々活動しています。

自由に選択できる複業だからこそ、理想の価値観を満たすことができます。

好きなこと・得意なことを複業にするべき』というのも、『コントロール可能な複業をやるべき』というのも、要するに自分が持つ価値観に沿った複業をするためなのです。

複業で得られる満足感・ワクワク感・充実感が活力を生み、生活にゆとりを与え、精神的安定につながります。

お金を稼ぐことだけが複業の目的ではないという理由がここにあります。

CHECK!

複業で日々の活力を生む

複業と価値観をつなげよう

まとめ

  • 自分の価値観を知ろう
  • 個人と会社の価値観は別物
  • 複業で日々の活力を生む

複業とあなたの価値観をリンクさせることはとても大切なことです。

複業と副業の違い』も大きくはここにあり、理想とする未来につながっているかどうかがポイントなのです。

好きなこと・得意なことを主軸に、やりがいを持てる複業を目指しましょう。

Twitterでフォローしよう